十日市場の歯医者さん|たかつ歯科医院

小児歯科について
Takatsu Dental Clinic

こちらのページでは、小児歯科についてご紹介いたします。

小児歯科について

当院では、必ずトレーニングをしてから治療に入っています。
3歳くらいからは一人で診療室に入ってもらい、保護者の方は待合室でお待ちになっていただきます。
このくらいのお子様は、自我が確立されてくるため、当院では一人の大人として対応します。
お子様により回数が違いますが、自ら口を開けてもらえるまでトレーニングを繰り返していきます。
いやがって泣いているのを無理やり押さえつけての治療は、歯科治療に対しての恐怖感しか残りません。(緊急を要する場合はのぞきます)
きちんとトレーニング、治療ができた時はお子様を誉めてあげてください。

もしできなくても、怒る必要はありません。
「今度がんばろうね!」など次につながる言葉をかけてあげてください。
自宅でも歯ブラシがきちんとできた、口をきちんと開けられたなど些細なことでも誉めてあげましょう。
大人と同じようにお子様にも、この歯医者さんだったらまた来たいと思われる様に治療を心がけています。

子供は 「どうして虫歯になったのか?どうして自分がこんな痛い目にあわないといけないのか」それらを自覚することはできません

お子さまの歯は、むし歯の早期発見・早期治療がとても重要です。
乳歯は永久歯の半分の大きさと半分の厚みで、歯質が柔らかいため、小さな虫歯でも数ヶ月で神経まで侵してしまい、気づくのが遅れがちです。
すべてお母さんの自覚によりコントロールされます。
食生活に気を配り、日々のブラッシングで注意深く観察することが必要です。
そして定期的な歯科健診も欠かせません。
乳歯は使い捨ての歯ではありません。
成長期の大切な食生活を支えます。
また将来の大人の歯、歯並びや噛み合わせに大きく影響をすることを考えると、とても重要な歯でもあります。
子供にとって歯の治療は決して楽しいものではありません。しかし、乗り越えることができないほど苦痛でもありません。

シーラント

乳歯を虫歯から守るバリアー

シーラントについて

フッ素

フッ素塗布についてご説明します。

フッ素

虫歯になりやすい乳歯

虫歯かな?と思ったら早めの診療をオススメします。

虫歯になりやすい乳歯

乳歯の名前と生える時期

乳歯の性質と生える時期を理解しておきましょう。

乳歯の名前と生える時

サホライド塗布

初期の虫歯には、硝酸銀とフッ素で殺菌&虫歯予防!。

サホライド塗布

六歳臼歯は大人の歯

大人の歯並びを決める大事な歯「六歳臼歯」。

六歳臼歯は大人の歯

子供の歯みがき

成長に合わせた歯みがきでお口ケアを!。

子供の歯みがき

お母さんのお口の健康

妊娠とともに変化するお母さんの口内環境。

お母さんのお口の健康

たかつ歯科医院へのご予約・お問合せはこちら
診療時間
午前10:00~13:00
10:00~14:00
午後15:00~19:30
休診日 日曜・祝日

診療時間

月曜~金曜日
午前10:00~13:00
午後15:00~19:30
土曜日
午前10:00~午後14:00
休診日:日曜・祝日

PAGE TOP